#97 ゼロから学ぶ " 広島仏壇(広島県)" の歴史・特徴・魅力・体験場所

広島仏壇(ひろしまぶつだん)のイメージ

牡蠣の殻を用いる下地による漆塗りと豪華絢爛な純金箔押し特徴


前回は#96 紀州漆器(和歌山県)について詳しくみてきましたが、今回は広島仏壇について、ひげ先生と ひろ子ちゃん との会話より、具体的にチェックしてみましょう



ひげ先生

ひろ子ちゃん、よろしくお願いします。ひげ先生こと当ブログの管理人です

ひろ子ちゃん

ひげ先生、宜しくおねがいします!


広島仏壇が伝統的工芸品に指定された年月日と産地組合


ひげ先生

本日ご紹介の広島仏壇は1978年(昭和53年)2月6日に経済産業大臣より指定を受け、広島宗教用具商工協同組合が産地組合でしたね

ひろ子ちゃん

広島宗教用具商工協同組合ですね


広島仏壇の産地組合がある市町村と観光スポット


ひげ先生

広島宗教用具商工協同組合は、広島市(ひろしまし)にあります


広島市(ひろしまし)とは

広島県の西部に位置し、広島県の県庁所在地及び政令指定都市である


ひろ子ちゃん

東京からはどのようにして行きますか?

ひげ先生

東京から広島市への行き方ですが、飛行機+バスがおすすめです

ひろ子ちゃん

飛行機がおすすめなのですね

ひげ先生

トータル所要時間は約2時間30分で着くことができます

羽田空港 → 広島空港(飛行機:約1時間20分)

広島空港 → 広島駅新幹線口(広島電鉄 空港リムジン線:約50分)

ひろ子ちゃん

2時間半で行けるのは良いですね

ひげ先生

また、広島市には、広島城(ひろしまじょう)という観光スポットがあります


広島城(ひろしまじょう)とは

1959年に豊臣政権五大老のひとり毛利輝元の命によって築城され、国の史跡に指定されている

広島城(ひろしまじょう)


ひろ子ちゃん

見応えがあるお城ですね


広島仏壇の歴史・特徴・魅力


ひげ先生

その広島城がある広島市における、広島仏壇の歴史について見ていきましょう

ひろ子ちゃん

広島における仏壇の歴史とは・・・

ひげ先生

はじまりは、13世紀に親鸞聖人(しんらんしょうにん)の高弟明光(みょうこう)が光照寺で浄土真宗を布教し、領主毛利氏の保護を受け更に拡大したことにより、仏壇の製造も盛んになったとされております

ひろ子ちゃん

浄土真宗とのつながりがあるのですね

ひげ先生

江戸時代初期には、浅野長晟(あさのながあきら)が紀州から広島へ転封されたときに、従ってきた職人たちが高度な技術に飛躍させていきました。また京都や大阪に学びに行った僧侶がその技術を持ち帰り、仏壇仏具の技法は進化しました

ひろ子ちゃん

色々な技術が取り入れられているのですね

ひげ先生

明治時代になり、江戸時代にあった商業上の統制が次々と廃止されたため、瀬戸内海の開運を利用して、大阪・京都方面に運ばれ、大阪の製品として出荷されたために形を模倣してつくられました

ひろ子ちゃん

大阪の製品として全国に出荷されたのか

ひげ先生

大正時代末期には、高い品質で全国的に認められたこともあり、生産量が全国一といわれるほど盛んになりました

ひろ子ちゃん

品質が良く全国一はすごいです!

ひげ先生

製造工程は7工程あり、専門の職人たちがそれぞれの工程を分業しており七匠(ななしょう)と呼ばれている

ひろ子ちゃん

具体的にはどういった職人さんがおられるのでしょうか?

ひげ先生

七匠(ななしょう)とは木地師(きじし)・宮殿師(くうでんし)・狭間師(さまし)・須弥壇師(しゅみだんし)・塗師(ぬし)・蒔絵師(まきえし)・かざり金具師(かなぐし)の総称です

ひろ子ちゃん

これらの職人さんが7つの工程を分業して作られているのですね

ひげ先生

漆塗りには下地材料として、広島名産の牡蠣(かき)の殻を細かく砕いてつくる胡粉下地(ごふんしたじ)を用いて使い木の狂いをなくします


胡粉下地(ごふんしたじ)とは

胡粉は貝殻を原料に作られた白い絵具

胡粉下地(ごふんしたじ)


ひろ子ちゃん

その技術を体験できるところってありますか?

ひげ先生

あるよ!是非、体験してみてくださいね!!


広島仏壇の体験場所

事業者名内容事業者HP
株式会社高山清黄金鉛筆づくりhttps://www.takayamakiyoshi.com/
広島仏壇の体験


ひろ子ちゃん

広島仏壇の歴史や工芸体験の情報有難うございました



ひげ先生

はい、それでは#97 広島仏壇(ひろしまぶつだん)についてのお話はここまで!

次回は#98 三川内焼(みかわちやき)を見ていきましょう


ひげ先生ルマガ登録受付開始

ブログを定期的に購読される方は、メルマガ登録が便利です。

(参考)

・47都道府県 伝統工芸百科(丸善出版)

・調べる!47都道府県 伝統工芸で見る日本(同友館)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です