#35 ゼロから学ぶ " 弓浜絣(鳥取県)" の歴史・特徴・魅力・体験場所

弓浜絣(ゆみはまがすり)

藍色と白色が描き出す美しい模様で素朴な懐かしさがあるのが特徴

前回は#34 大阪欄間(大阪府)について詳しくみてきましたが、今回は弓浜絣について、ひげ先生とゆみちゃんとの会話より、具体的にチェックしてみましょう



ひげ先生

ゆみちゃん、こんばんは。ひげ先生こと当ブログの管理人です

ゆみちゃん

ひげ先生、ばんなりまして!(こんばんは!)


弓浜絣が伝統的工芸品に指定された年月日と産地組合


ひげ先生

弓浜絣は1975年(昭和50年)9月4日に経済産業大臣より指定を受け、鳥取県弓浜絣協同組合が産地組合でしたね

ゆみちゃん

鳥取県弓浜絣協同組合ですね


弓浜絣の産地組合がある市町村と観光スポット


ひげ先生

鳥取県弓浜絣協同組は、境港市(さかいみなとし)にあります


境港市(さかいみなとし)とは

鳥取県北西端の弓ヶ浜 (ゆみがはま) の北部に位置し、日本海側の重要港湾として栄えてきた町


ゆみちゃん

日本海に面しているのね

ひげ先生

東京から境港市への行き方ですが、飛行機+JRがおすすめです

ゆみちゃん

飛行機がオススメなのですね!

ひげ先生

トータル所要時間は約2時間00分で着くことができます

羽田空港→米子空港(飛行機:約1時間30分)

米子空港→境港(JR:約15分)

ゆみちゃん

え、想像していたよりも近い!

ひげ先生

また、境港市には、水木しげるロード(みずきしげるろーどという観光スポットがあります


水木しげるロード(みずきしげるろーど)とは

境港は“ゲゲゲの鬼太郎”の漫画家・水木しげるの出身地であり、“妖怪の町”がつくられ、道沿いに多数の妖怪ブロンズ像が並ぶ

水木しげるロード(みずきしげるろーど)


ゆみちゃん

まち全体で妖怪を演出しているとは凄い力の入れようね!


弓浜絣の歴史・特徴・魅力


ひげ先生

その水木しげるロードがある境港市における、弓浜絣の歴史について見ていきましょう

ゆみちゃん

どういった歴史があるのだろう

ひげ先生

江戸時代中期の17世紀後半に砂地を利用した綿の生産と藍の栽培が行われたのがはじまりです

ゆみちゃん

砂地で綿が生産されたのですね!

ひげ先生

綿の中でも質の良い伯州綿(はくしゅうめん)が生産され、農家の副業として織物が広まりました


伯州綿(はくしゅうめん)とは

鳥取県境港市・米子市のある弓浜半島一帯で作られる、少し厚手のふんわりとした独特の風合いが特徴

伯州綿(はくしゅうめん)のイメージ


ゆみちゃん

綿の質が良いのですね

ひげ先生

江戸時代後期の19世紀前半には、浜の目絣(はまのめがすり)とよばれる絵絣(えがすり)が農家の女性たちによって織られるようになりました。

ゆみちゃん

日々着るものとして織られていたのかぁ

ひげ先生

絣(かすり)とは、文様の図面に合わせて、あらかじめ染めた糸で織られ、絵画のような文様を織り出したものが絵絣(えがすり)と呼ばれます


絣(かすり)とは

糸のところどころをくくり、白く残して染めた〈かすり糸〉で織った柄のこと

絣(かすり)


ゆみちゃん

それはそれで味わいがあっていいですね!

ひげ先生

そうですね! 日々着るものなので、素朴でざっくりとした感じがあるのが特徴です

ゆみちゃん

どういった織り方がされるのですか?

ひげ先生

よこ糸に絣糸を使用する平織り(ひらおり)で、たて糸とよこ糸を1本ずつ交差させていく織り方になります


平織り(ひらおり)とは

たて糸とよこ糸を1本ずつ交差させていく織り方

平織り(ひらおり)


ゆみちゃん

1本ずつ交差させていくのですね

ひげ先生

弓浜絣は倉吉絣(くらよしかすり)広瀬絣(ひろせがすり)とともに山陰の三絵絣(さんえがすり)のひとつに数えられております

ゆみちゃん

山陰の三絵絣なるものがあるのですね

ひげ先生

現在では、着物の他にテーブルマットやアクセサリーなどの小物が作られるようになっております

ゆみちゃん

その技術を体験できるところってありますか?

ひげ先生

あるよ!是非、体験してみてくださいね!!


弓浜絣の体験場所

事業者名内容事業者HP
ごとう絣店絣体験https://www.pref.tottori.lg.jp/39553.htm
弓浜絣工房B絣体験https://kouboub.jp/topics
弓浜絣の体験コース


ゆみちゃん

弓浜絣の歴史や工芸体験の情報有難うございました

ひげ先生

弓浜絣“正絹”が売られていますので良かったらぜひ!


ゆみちゃん

家に飾ってみるわ



ひげ先生

はい、それでは#35 弓浜絣(ゆみはまがすり)についてのお話はここまで

次回は#36 樺細工(かばざいく)を見ていきましょう


ひげ先生ルマガ登録受付開始

ブログを定期的に購読される方は、メルマガ登録が便利です。

(参考)

・47都道府県・伝統工芸百科(丸善出版)

・調べる!47都道府県 伝統工芸で見る日本(同友館)

・伝統工芸のきほん4 布 織りものそめもの(理論社)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です